RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category:-
グーグルの中国撤退表明に対して


中国側のネット検閲に対して、
Googleが「そんなにうるさいんなら中国なんか出て行ってやる」ということで
中国撤退を表明している件について。
多くの中国ユーザーから Googleに慰留を求める声が上がったとのこと。


あまり知らないが、中国ってそんなにネット検閲が厳しいのか。

中国に限らず、たいていの共産主義国家(と言っても中国は市場主義を取り入れているように思うが)では情報が検閲されているように思う。

外部の情報に触れると共産的支配に疑問を感じてしまうから、ということなのか。

もし、そんな疑問だらけのシステムなら、さっさと解体してしまった方がいいのでは?

それとも本当に最高のシステムは、一般人は疑問を感じるようなものなのだ、ということなのか。


本の中身を検索できるようにしちゃおうぜ、というくらいフリーダムな Google ですから
中国政府の検閲には反感をいだくでしょうね。
どんなにユーザーが求めても、これは本当に撤退するんじゃないか?



category:日記
スポンサーサイト
category:-
Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。